出願審査請求
トップページ > 特許サービス > 出願審査請求 > サービスのご案内
出願審査請求サービスのご案内

特許出願の審査を開始させたいときは、専門力ある弁理士がお客様の代理人として特許庁へ出願審査請求をいたします。

サービスの特徴

オンラインサービスなら24時間365日、いつでも承ります

お申込みには、WEBフォーム,電子メール,FAX又は郵便をご利用いただけます。

お申込みの方は、「依頼書」の電子ファイルがございますので、ご利用ください。

※詳しくは、こちらのお申込みをご覧ください。

原則として出願の日から3年以内に限り、請求可能です

特許出願は、原則としてその出願の日から3年以内に出願審査請求しなければ、審査が開始されることなく、自動的に取り下げられてしまいます。

したがって、特許権を取得するには、必ず出願審査請求をしなければなりません。

勿論、慎重に検討し、権利化する必要がなくなった特許出願については出願審査請求するまでもありませんし、また、いわゆる防衛出願のように、専ら他人の権利化を阻止するための特許出願についても出願審査請求するまでもありません。

ですから、出願の日から3年以内であれば、当事務所の弁理士がお客様の代理人として責任を持って出願審査請求をいたします。

※出願審査請求サービスのお申込みは、なるべくお早めにお願いいたします。

補正が必要な場合は、出願審査請求と併せて手続をいたします

特許出願について出願審査請求をする際に、一部の請求項に係る発明だけに限定したり、あるいは出願当初の発明の技術的範囲に限定を加える等、権利化の方針を変更しなければならない場合や、明瞭でない記載や誤記を含むため、明細書等の記載を訂正する場合もあり得ます。

ですから、出願審査請求サービスをお申し込みいただく際に、手続補正についても併せてご指示いただければ、当事務所の弁理士がお客様の代理人として、出願審査請求の手続と併せて手続いたします。

早期審査や料金減免が必要な場合は、併せて手続をいたします

特許出願については、所定の要件を満たせば、早期審査や出願審査請求料の減免を受けられます。

ですから、早期審査や料金減免が必要な場合は、出願審査請求サービスをお申し込みいただく際に、早期審査や料金減免についても併せてご指示いただければ、当事務所の弁理士がお客様の代理人として、出願審査請求の手続と併せて手続いたします。

※特許出願の早期審査制度は、通常より早期に特許出願の審査を開始させることができる制度です。通常の審査順番待ち期間は平均2年程度ですが、早期審査制度を利用するとその期間を平均2月程度に短縮することができます。

※詳しくは、特許出願の早期審査特許料等の減免をご覧ください。

特許庁からの連絡,通知,送達等にも対応いたします

特許庁から出願に関する連絡,通知,送達等があったときは、お客様が直接対応するよりも、その出願を担当している弁理士が対応するのが望ましいことです。

ですから、特許庁からの連絡,通知,送達等についても、当事務所の弁理士がお客様の代理人として責任をもって対応いたします。

※特許出願について拒絶理由が発見され、当事務所の弁理士がお客様の代理人として拒絶理由通知を受けたときは、すぐにお客様の電子メールアドレスへご連絡いたします。拒絶理由通知に対する手続をご希望の場合は、中間手続サービスをお申込みください。

関連する手続
サービスの流れ

お申込みから手続完了までの流れについては、こちらのサービスの流れでご確認ください。

お申込み

出願審査請求をご依頼の方は、出願審査請求サービスをお申込みください。お申込みは、WEBフォーム (国内専用フォーム),電子メール,FAX又は郵便で承っております。詳しくは、こちらのお申込みでご確認ください。

※いますぐWEBフォーム (国内専用フォーム)でお申込みの方は、次のボタンをクリックしてWEBフォームへお進みください。

WEBフォームはこちら