訂正審判
トップページ > 特許サービス > 訂正審判 > サービスの流れ
訂正審判サービスの流れ

お申込みから審決確定までの流れをご説明いたします。

1 お申込み

お申込みページにある「依頼書」に、必要事項を明記のうえ、依頼書,その他の必要な資料を送付し、お申込みください。

技術的な証明が必要な場合は、証明書,図面,写真,データ等の原本を当事務所へご郵送ください。

※お申込みには、WEBフォーム,電子メール,FAX又は郵便をご利用いただけます。詳しくはお申込みをご覧ください。

面談をご希望のお客様には、お申込みを確認後、面談の日程等をご連絡いたします。

2 面談

面談をご希望の場合は、原則として当事務所の弁理士がお客様の事業所や事務所へ出張いたします。

面談では、必要な資料のご用意をお願いいたします。また、発明に関する技術的な質問をさせていただいたり、追加の資料をお願いすることがありますので、ご協力をお願いいたします。

3 着手前の検討

当事務所の弁理士が、訂正が認められる可能性があるか検討をいたします。

検討後、訂正が認められる可能性についての評価,審判請求の方針等に関する「報告書」と「回答書」をお客様の電子メールアドレスへ送信いたします。

ご確認いただきましたら、「回答書」にご指示をご入力のうえ、ご返信ください。

なお、「報告書」において、訂正が認められる可能性が極めて低いという評価であっても、「回答書」でご意見いただければ、再検討いたします。

4 お支払い(審判請求書等)

「請求書」をお客様の電子メールアドレスへ送信いたしますので、支払金額,振込先等をお確かめのうえ、支払期日までにお振込みください。

審判請求を中止する場合でも、出張面談や検討を行っているときは、料金が発生します。

※詳しくは料金をご覧ください。

5 委任状のご提出

お申込みページにある「委任状」の電子ファイル(PDF)をダウンロードし、A4用紙にご印刷いただきましたら、必要事項のご記入と記名押印(署名押印)のうえ、当事務所へご郵送ください。

ただし、既に包括委任状をご利用いただいている場合は、ご郵送いただく必要はありません。

※詳しくはお申込みをご覧ください。

6 審判請求書等の作成

当事務所の弁理士がお客様の代理人として審判請求書,訂正明細書等の作成をいたします。

7 審判請求

当事務所の弁理士がお客様の代理人として特許庁へ審判請求をいたします。

手続が完了しましたら、追ってお客様の電子メールアドレスへ審判番号等をお知らせいたします。

8 審理開始

審判官及び審判書記官が指定され、訂正審判の審理が開始されます。

9 中間対応

訂正拒絶理由通知を受けた場合は、お客様の電子メールアドレスへご報告をいたします。

必要に応じてお客様のご意見等をお聞かせいただき、当事務所の弁理士がお客様の代理人として意見書,手続補正書等を作成し、特許庁へ手続をいたします。※提出期限は遵守いたします。

意見書,手続補正書等の手続を行うときは、「請求書」をお客様の電子メールアドレスへ送信いたしますので、支払金額,振込先等をお確かめのうえ、支払期日までにお振込みください。

※詳しくは料金をご覧ください。

10 審理終結通知

審理終結通知があった場合は、お客様の電子メールアドレスへお知らせをいたします。

11 審決(審理終結)

審決書の送達があった場合は、お客様の電子メールアドレスへご報告をいたします。

(1) 訂正を認める旨の審決のときは、その審決が確定することにより、訂正後の明細書,特許請求の範囲又は図面により特許出願,出願公開,特許査定(又は審決)及び特許権の設定の登録がされたものとみなされます。

(2) 訂正を認めない旨の審決のときは、知的財産高等裁判所へ審決取消訴訟を提起することもできますので、審決取消訴訟サービスをご検討いただければと存じます。

審決取消訴訟サービスをお申込みいただきますと、訂正審判を担当した弁理士がお客様の代理人として対応をいたします。※お申込みは期限までにお願いいたします。

※詳しくは審決取消訴訟サービスをご覧ください。

12 お支払い(成功報酬)

訂正を認める旨の審決が確定した場合は、「請求書」をお客様の電子メールアドレスへ送信いたしますので、支払金額,振込先等をお確かめのうえ、支払期日までにお振込みください。

※詳しくは料金をご覧ください。

13 特許証の交付

確定審決の登録後、特許証が交付されましたら、お客様へご郵送いたします。