特許,実用新案,意匠,商標のこと,ご相談ください

ご利用ありがとうございます。さがみ岡田特許商標事務所の弁理士 岡田 陽之介です。

最近、知的財産という言葉をテレビ、ラジオ、新聞、インターネット等で見たり聞いたりする機会が増え、知的財産の代表格ともいうべき特許、実用新案、意匠、商標等については、多くの方々に関心を持っていただけるようになったのではないかという感じがいたします。

この背景には、一つは、知的財産によってイノベーションを実現しようという気運が高まってきたということがあると思います。知的財産が企業の競争力となるものであるという認識が広く普及し、知的財産の重要性が高くなっているということです。

その他には、近年わが国で知的財産権制度の法改正等がしばしば行われているということもあると思います。わが国の知的財産権制度について、諸外国の制度との整合性やユーザーの利便性等の向上が一層必要になってきているということです。

ですから、このページをご覧になられている方にも特許、実用新案、意匠、商標等についてよくご存知の事業者、担当者、個人の方はいらっしゃるかと思います。

しかし、実際に特許、実用新案、意匠、商標等について出願するとなると、出願書面を作成したり、必要な手続や様式を一つ一つ確認しなければならなくなったりします。また、出願した後に、出願人の住所が変わったりすることもありますし、出願について特許庁から拒絶理由通知書が送られてきたり、拒絶査定になってしまうこともあります。

そのようなときにしっかりと対応しなかったり、どうすればよいのか分からないまま停滞してしまうのでは、残念なことになりかねません。

ですから、特許、実用新案、意匠、商標等のことは、できるだけ早い段階で当事務所の弁理士へご相談いただければと思っております。弁理士は秘密を厳守しますので、ご安心ください。

当事務所の弁理士は、手続のご依頼をいただけば、代理人としてしっかり対応いたしますので、是非、お気軽にご相談ください。

例えば、次のような相談があります・・・
ただいま、弁理士への無料相談を受付中です!
無料相談の流れ
お申込み

弁理士へのご相談は、こちらのWEBフォーム、又は 電子メール、FAX若しくは郵便でお申し込みいただけます。

※なお、電子メール、FAX又は郵便でご相談をされる方は、こちらの相談フォーム [日本語版](WordPDF)又は Consultation Form [English version](WordPDF)をご利用ください。

※WEBフォームでお申込みをされた場合には、情報の送信が正常に完了しますと自動受付メールがお客様の電子メールアドレスへ送信されます。

ご回答

原則、即日から翌々営業日を目安に、当事務所の弁理士が個別に回答をいたします。弁理士は秘密を厳守しますので、ご安心ください。※つねにスピード対応を心がけていますが、万が一、間に合わなかった場合はご容赦くださいますようにお願い申し上げます。

弁理士への無料相談でご納得いただいてから特許出願,実用新案登録出願,意匠登録出願,商標登録出願,審判請求その他の手続に対応するサービスをお申込みいただくこともできます。サービスのお申込みをされる方は、各サービスの「お申込み」ページをご覧ください。