ドメイン名の商標登録
トップページ > ドメイン名の商標登録
ドメイン名についての商標登録のご案内

ドメイン名とは


ドメイン名とは、コンピュータネットワークにおいてインターネットに接続されたコンピュータに割り当てられているIPアドレスを文字列に変換したものです。通常、ドメイン名登録サービスを行う事業者に申し込むなどして、登録管理組織 (レジストリ) にドメイン名を登録することで使用できるようになります。

ドメイン名は、WEBページのURLや電子メールアドレスに使用されています。
例えば「http://sagami-okada.jp/index.html」というWEBページのURL、あるいは「service@sagami-okada.jp」という電子メールアドレスであれば、「sagami-okada.jp」がドメイン名です。

また、ドメイン名はいくつかの文字列が「.」(ピリオド) で結合した構成になっており、これらの文字列を右から順にトップレベルドメイン,セカンドレベルドメイン,サードレベルドメイン,・・・といいます。例えば「sagami-okada.jp」というドメイン名であれば、「.jp」がトップレベルドメイン、「sagami-okada」がセカンドレベルドメインです。

トップレベルドメインには、「.com」「.net」「.org」等のように分野別に割り当てられたもの (これを「gTLD」又は「genric TLD」という) と、「.jp」「.cn」「.us」等のように各国/地域に割り当てられたもの (これを「ccTLD」又は「country code TLD」という) があります。

※トップレベルドメインが「.jp」のドメイン名 (以下、「JPドメイン名」という) には、属性型JPドメイン (「.co.jp」「.ne.jp」「.gr.jp」等),汎用JPドメイン名 (「.jp」),都道府県型JPドメイン名 (「.tokyo.jp」「.kanagawa.jp」等) があります。

※トップレベルドメイン等には、それぞれの登録管理組織 (レジストリ) が存在し、ドメイン名の登録管理業務を行っています。

なお、ドメイン名登録サービスを行う事業者に申し込んでドメイン名を取得する場合には、「.com」「.net」「.org」等のドメイン名や汎用JPドメイン名のセカンドレベルドメインの部分の文字列、「.co.jp」「.ne.jp」「.gr.jp」等のドメイン名のサードレベルドメインの部分の文字列については、登録されているものが存在しなければ、自分で指定したものにすることができます。

ドメイン名は商標権で保護する


ドメイン名のうち、トップレベルドメイン等の部分、すなわち「.com」「.net」「.org」「.co」「.ne」「.gr」等はドメイン名の使用主体の組織形態、「.jp」等はドメイン名の使用主体の属する国/地域を表示したものに過ぎないため識別力はほとんどなく、その部分からは自他商品 (役務) の識別機能はほとんど発揮されません。

しかし、トップレベルドメイン等以外の部分 (自分で指定する文字列の部分) に、識別力を有する文字列を指定すれば、ドメイン名はその部分を要部として自他商品 (役務) の識別機能を発揮し、顧客誘引力を獲得します。

他方で、顧客誘引力を獲得したドメイン名は、他人によるフリーライドやポリューション等を被る可能性もあります。それらの被害を防ぐためには、他人によるドメイン名の不正取得や不正使用を厳に排除する必要があります。

もっとも、ドメイン名は、誰かが登録をしていればそれ以外の人はそれと同一のものを登録することはできません。しかし、トップレベルドメイン等の部分だけが違っていたり、トップレベルドメイン等以外の部分 (自分で指定する文字列の部分) が1文字違っているだけでも登録できてしまう可能性があります。

ですから、ドメイン名を取得して事業で使用する場合には、ドメイン名のうち、トップレベルドメイン等以外の部分 (自分で指定する文字列の部分) の文字について商標登録を受けておき、商標権でドメイン名を保護できるようにしたほうがよいといえます。

また、トップレベルドメイン等の部分を含むドメイン名全体を、自己の業務に係る商品又は役務についての商標として使用する場合には、その文字について商標登録を受けておき、商標権でドメイン名を保護できるようにすることもできます。

不正競争防止法2条1項12号について


不正競争防止法では、一定の行為を不正競争行為として限定列挙し、それらの不正競争行為に該当する行為について民事的措置等を講ずることができます。

ドメイン名に関しては、同法2条1項12号に、

“ 不正の利益を得る目的で、又は他人に損害を加える目的で、他人の特定商品等表示 (人の業務に係る氏名、商号、商標、標章その他の商品又は役務を表示するものをいう。) と同一若しくは類似のドメイン名を使用する権利を取得し、若しくは保有し、又はそのドメイン名を使用する行為 ”

が不正競争行為に該当すると規定されており、そのようなドメイン名の取得、保有又は使用の行為があれば、その使用差止等を請求することができます。

同号にいう「不正の利益を得る目的」とは、公序良俗に反する態様で、自己の利益を不当に図る目的をいい、「他人に損害を与える目的」とは、他人に対して財産上の損害や信用失墜などの有形無形の損害を加える目的をいいます (以下、これらを「図利加害目的」という)。

同号によれば、他人の周知、著名な特定商品等表示を使用したドメイン名を取得、保有又は使用していると、そのドメイン名を取得等した時期にかかわらず、その他人の特定商品等表示の周知性、著名性に便乗し、図利加害目的でドメイン名を取得等したとして、同法2条1項12号の不正競争行為をしたことになりかねません。

したがって、他人の特定商品等表示が周知、著名となる前からその特定商品等表示と同一又は類似のドメイン名を取得等していたとしても、同法2条1項12号の不正競争行為に該当することになる可能性があります。

また、ドメイン名に関する不正競争行為には、適用除外事由もありません。

このような点を考慮すると、ドメイン名を取得して事業で使用する場合、不正競争防止法だけでは十分とはいえません。トップレベルドメイン等以外の部分 (自分で指定する文字列の部分) 又はドメイン名全体について商標登録を受けておき、商標権でドメイン名を保護できるようにしたほうがよいといえます。

登録例


ドメイン名に関して、トップレベルドメイン等以外の要部となる部分について又はドメイン名全体について商標登録されている例があります。

例1

amazon
amazon.co.jp
amazon.co.jp

例2

amazon
amazon.co.jp

お問合せ


ドメイン名の商標登録でご不明な点などがありましたら、当事務所の弁理士へお問合せください。

(1) WEBフォームでのお問合せ

WEBフォーム(国内専用)

(2) 電子メールでのお問合せ

service@sagami-okada.jp

※こちらの電子フォーム(WordPDF)をダウンロードしてご利用ください。

(3) FAXでのお問合せ

042–728–6618     ※24時間(平日)

※こちらの電子フォーム(WordPDF)をダウンロードしてご利用ください。

(4) 電話でのお問合せ

042–728–6618     ※10:00〜17:00(平日)